稲荷坂

[花園稲荷神社は「穴稲荷」「忍岡稲荷」とも呼ばれ、創建年代は諸説あるが、江戸時代初期には創建されていた。これにより江戸時代から「稲荷坂」の名がある。享保17年(1732)の『江戸砂子』にその名が見え、明治29年(1896)の『新撰東京名所図会』には「稲荷坂 忍ヶ岡の西方に在りて、穴稲荷社へ出る坂路をいふ。」とある。
設置者: 台東区教育委員会
設置日: 平成十五年三月  (「稲荷坂(台東区上野公園) 」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 下谷絵図」(絵図四つ切右上・寛永寺境内不忍池下にイナリと描かれています、そこに描かれる坂が稲荷坂と思われます。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 東叡山内外分間絵図帳面書付類共. [2]」(コマ番号5/5・不忍池の弁才天参道右上道が忍坂になると思います。その上に後年、昭和3年(1928年)9月に五条天神が移転してくる場所に、稲荷が描かれています。その境内内に坂があることになります。)

日文研所蔵地図 – (内題)東京府武蔵国下谷区上野公園地及車坂町近傍(五千分一東京図測量原図のうち)明治17(1884)」(絵図中央左方向、不忍池の弁才天参道右上道が忍坂になると思います。その上に稲荷が描かれ、その境内内に坂があることになります。)

マーカーは稲荷坂の坂上です。

稲荷坂 – Google Map 画像リンク

稲荷坂上・カメラ西北西方向が稲荷坂です。

稲荷坂下・カメラ東南東方向が稲荷坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*