六郎坂

[仲池上一丁目10番と13番の間を北へ上る坂道。坂名は、江戸時代後期、池上村のために尽くした海老沢六郎左衛門(えびさわろくろうざえもん)の屋敷が坂に沿ってあったことに由来します。仲池上、上池台付近は耕地整理によりできた坂道が多いのですが、これは古くからある坂道です。また、坂下の水路にかかる橋は六郎橋と名づけられています。  (「大田区ホームページ:六郎坂」より)]

マーカーは六郎坂の坂上です。

六郎坂上・カメラ南南東方向が六郎坂で、カメラ方向左に標柱があります。

六郎坂下・カメラ北北東方向が六郎坂で、カメラ方向左に標柱があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*