大尽坂

[仲池上二丁目2番と5番の間を東へ上がるかなりの急坂。昭和初期に行われた耕地整理によってできた坂道であるといわれています。坂名は、その昔大尽(だいじん:財産をたくさん持っている人のこと)がこのあたりに住んでいたということで名づけられたと伝えられています。この大尽が誰であったかについては、諸説があり明らかではありません。  (「大田区ホームページ:大尽坂」より)]

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室) – 首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。1896~1909年地図・地図を比較すると、「塚越」左下の、田圃右の道が大尽坂になると思います。

マーカーは大尽坂の坂上です。

大尽坂上・カメラ西方向が大尽坂で、カメラ方向右に標識柱があります。

大尽坂下・カメラ東北東方向が大尽坂で、カメラ方向右に標柱があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*