富士見坂

[田園調布一丁目12番と30番の間を曲がりくねって上る坂道が富士見坂です。大正末期ごろより行われた耕地整理によってできた坂道です。ここからは富士山がよく見えたので、富士見坂と呼ばれるようになったといわれています。沿道の斜面にある樹林の緑が美しい坂道です。  (「大田区ホームページ:富士見坂」より)]

マーカーは富士見坂の坂上です。

カメラ位置は富士見坂上付近で・カメラ北北東方向富士見坂右ポールきわに富士見坂の標柱があります。

富士見坂下・カメラ東北東方向が富士見坂で、カメラ方向左に標識柱があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*