此経難持坂・女坂

[池上本門寺の表参道九十六段の石段坂。石段は、慶長(けいちょう)年間(1596年から1615年)に加藤清正(かとうきよまさ)(注釈1)が寄進したものと伝えられています。『法華経(ほけきょう)』宝塔品(ほうとうぼん)(注釈2)の偈文(げぶん)(注釈3)九十六文字にちなんで石段を九十六段とし、偈文の文頭の文字をとって坂名としたものです。ところで、この本門寺は、弘安五年(1282年)10月13日、日蓮がこの地の領主池上宗仲(むねなか)の邸で入滅した後、宗仲が邸地を寄進して建立(こんりゅう)されたと伝えられています。関東有数の巨刹(きょさつ)(注釈4)です。
(注釈1)加藤清正 安土桃山時代から江戸時代前期の武将(1562年から1611年)
(注釈2)法華経宝塔品 日蓮が最も重んじた教典である法華経の宝塔の章
(注釈3)偈文 仏の功徳などを賛美する詩。四句からなる
(注釈4)巨刹 大きな寺院  (「大田区ホームページ:此経難持坂」より)]

マーカーは池上本門寺前です。

カメラ北方向が池上本門寺山門前で、門奥が此経難持坂で、その右に女坂があります。

此経難持坂・女坂の坂下で、正面が此経難持坂で、右側階段が女坂です。

此経難持坂上・カメラ南方向が此経難持坂です。坂左に此経難持坂の標柱があります。

此経難持坂の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*