猿坂

[上池台五丁目31番の中谷駐在所前よりカーブしながら上る坂道。『新編武蔵風土記稿(しんぺんむさしふどきこう)』の林昌寺(りんしょうじ)の項に「境内墓所の側に坂あり、猿坂と呼、昔山林茂りて猿多く住せし故是名あり。」と記されています。昔、子安八幡神社、林昌寺(仲池上一丁目14番)からこの猿坂にかけての台地は森林が続き、猿が多く生息していたともいわれ、坂名はそれにちなむものなのでしょう。また、この坂を通る道は、池上本門寺前から仲池上の根方(ねがた)を通り、猿坂を通って台地に上り、馬込の夫婦坂を経て荏原町に達する古い道です。  (「大田区ホームページ:猿坂」より)]

簿冊標題:江戸御場絵図(文化2(1805)年)」(絵図は南方向が上になっていますので、反転して北方向を上にすると見やすくなります。反転絵図四つ切右下・「池上」の下に八幡社(子安八幡神社)、林昌寺が描かれています。林昌寺、八幡社の上の道が猿坂になると思います。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室) – 首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。1896~1909年地図・「根方」の下に描かれる鳥居が子安八幡神社、「卍」が林昌寺になります。林昌寺左の道を上方向に進み、「谷古根」方向に進む道に猿坂がある思われます。また、上方向「寺郷」下の二又道の右が夫婦坂になります。

マーカーは猿坂の坂上です。

猿坂上・カメラ西南西方向が猿坂で、坂左に猿坂の標識柱があります。

猿坂下・カメラ北東方向が猿坂で、カメラ方向右に猿坂の標識柱があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*