臼田坂

[大田文化の森前から北西に曲って荏原町(えばらまち)へ抜けるバス通りの坂道です。昔から馬込より大森へ出るには、この坂と闇坂(くらやみざか)が主な道でした。このバス通りを昔は田無(たなし)街道と呼んでいました。馬込を抜け、荏原町から三軒茶屋を経て田無へ通じる街道でした。明治4年に東京府制が施行されてからもこの道路は府道第56号大森田無線と呼ばれています。臼田坂の坂名については、坂のあたりに臼田姓の家が多かったので、この名が起ったといわれています。また、坂周辺には大正末期から昭和初期にかけ、萩原朔太郎川端康成石坂洋次郎など多くの作家が住み、「馬込文士村」という言葉も生まれました。文士村のメインストリートであったこの坂も、当時は今日と異なり赤土の急坂でした。萩原朔太郎の散文詩「坂」は、この頃の臼田坂あたりを魅力的に描写しています。  (「大田区ホームページ:臼田坂」より)]

マーカーは、臼田坂の坂上です。

臼田坂上・カメラ南南東方向が臼田坂で、カメラ方向左に標識柱があります。

臼田坂下・カメラ北北東方向が臼田坂で、カメラ方向左に標識柱があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*