馬込坂

[馬込橋陸橋(りっきょう)あたりから、都営地下鉄西馬込駅方面へ下る第2京浜国道国道1号線)の坂道。坂名は、第2京浜国道が建設され、昭和24年ごろより五反田から多摩川際間のバスが通るようになり、馬込橋、馬込坂下のバス停ができると自然と馬込坂と呼ばれるようになりました。第2京浜国道は、昭和11年に6か年計画で工事に着手しましたが、日中戦争により中止となり、戦後工事を再開、全面舗装が終わったのは昭和34年でした。第2京浜国道ができる前のこの付近一帯は、小高い丘や水田で、坂下には内川(うちかわ)の清流が流れていました。  (「大田区ホームページ:馬込坂」より)]

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。1896~1909年地図の馬込村右方向山並みの道の左側が馬込坂で、頂から上方向が蛇坂になります。その下方向の「卍」は萬福寺になります。また馬込村右の「卍」は長遠寺、鳥居は馬込八幡神社になります。その下方向の道は南坂になります。

マーカーは馬込坂の坂上です。

馬込坂上・カメラ南南西方向が馬込坂です。

馬込坂下カメラ北北東方向が馬込坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*