動坂

[【標識の説明】
 この坂の由来については下記のとおりである。
千駄木に動坂の号あるは不動坂の略語にて、草堂のありし用地なり』(江戸名所図会
 元和年間(1615~1624)万行上人が伊勢国の国赤目山で不動明王像を授けられ、衆生済度のため諸国を廻り、駒込村のこの地に庵を設けた。その後三代将軍徳川家光により現在の本駒込1丁目に移された。(現南谷寺)この本尊は江戸時代から五色不動(赤・白・黒・青・黄)として有名である。
 その路には日限地蔵堂がたてられ信仰をうけていたが、現在地蔵は徳源院に移されている。明治26年お堂の修理中地価より土器・石器が発見され、昭和49年には駒込病院敷地からも多数出土している。
 『動坂は田畑村へ通ずる往来にあり、坂の側に石の不動像在り、是れ目赤不動の旧地なり、よりて不動坂と称すべきを上略せりなりと言う』(御府内備考)  (「文京区の坂(6) ~ 根津・千駄木・駒込方面」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 駒込絵図」[絵図上端中央・御鷹匠屋敷上にドウサカト云と描かれています。]

マーカーは、動坂の坂上です。

動坂遺跡は本駒込の動坂遺跡を参考にしてください。

動坂上・カメラ北東方向が動坂です。

動坂下・カメラ南南西方向が動坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*