小布施坂

[【標識(文京区教育委員会設置)の説明】
江戸時代鳥羽藩主稲垣摂津守の下屋敷と、その西にあった岩槻藩主大岡主膳正の下屋敷の境の野良道を、宝暦11年(1761)に新道として開いた。その道がこの坂である。坂の名は、明治時代に株式の仲買で財をなした小布施新三郎という人の屋敷がこのあたり一帯にあったので、この人の名がとられた。古い坂であるが、その名は明治のものである。  (「文京区の坂(12) ~ 目白台方面」より)]

マーカー小布施坂の坂上です。

小布施坂上・カメラ西南西方向が小布施坂です。

小布施坂下・カメラ北北東方向が小布施坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*