掘坂

[ 堀坂(宮内坂・源三坂)
小石川二丁目3と21の間
「堀坂は中富坂町の西より東の方、即ち餌差町に下る坂をいふ。もと其の北側に堀内蔵助(2300石)の邸ありしに因れり。今坂の中途に”ほりさか”と仮字にてしるしたる石標あり。此坂は従来宮内坂又は源三坂と唱へたるものにて。堀坂といへるは其後の称なりといふ」(『新撰東京名所図会』)
 この場所の北側に旗本堀家の分家利直(後に利尚、通称宮内)の屋敷があったことから、この坂は別名「宮内坂」と名づけられた。また、当地の名主鎌田源三の名から「源三坂」ともいわれた。「堀坂」という名称は、文政(1818~30)の頃、堀家が坂の修理をして「ほりさか」と刻んだ石標を建てたことからいわれるようになった。
 坂下に“こんにゃくえんま”の伝説で名高い「源覚寺」がある。
-郷土愛をはぐくむ文化財-
平成16年3月
文京区教育委員会  (「堀坂(宮内坂・源三坂) – Monumento(モニュメント)」より)]

東京都立図書館 – 東都小石川絵図」(絵図四つ切右下・堀内蔵助下にホリ坂と描かれています。)

マーカーは掘坂の坂上です。

堀坂上・カメラ東方向が掘坂です。

カメラ北北西方向に掘坂の標識板があります。

堀坂下・カメラ西北西方向が掘坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*