新壱岐坂

[【標識(文京区教育委員会設置)の説明】
 大正12年(1923)の関東大震災の復興計画によって、新しくひらかれた昭和の坂である。
 この坂の中ほどにある東洋女子短期大学のわきで、この坂と斜めに交差している細い坂道がある。「壱岐(殿)坂」という壱岐坂の水道橋寄りに小笠原壱岐守の下屋敷があったので、この名がついたといわれる。江戸時代からあった古い坂である。
 ながい歴史のある壱岐(殿)坂の名をとって、この坂を“新壱岐坂”とした。現在は、区内の幹線道路としてひろく知られているが、もとになった壱岐(殿)坂の名は忘れられようとしている。  (「文京区の坂(3)~本郷方面(その1)」より)]

マーカーは新壱岐坂の坂上です。

新壱岐坂上・カメラ西北西方向が新壱岐坂です。

カメラ北北東方向に新壱岐坂の標識板があります。

新壱岐坂下・カメラ位置は新壱岐坂下交差点で、カメラ東南東方向が新壱岐坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*