横見坂

[『御府内備考』に
 「右坂は町内より湯島三組町え上り候坂にて、当町並本郷新町家持に御座候・・・・・・里俗に横根坂と相唱申候」とある。坂下の蔵前通りの新妻恋坂の一帯は、かって樹木谷といわれ、樹木が茂っていた、この谷から湯島台に上るこの坂の左手に富士山が眺められた。町の古老は、西横に富士山がよく見えて、この坂を登るとき、富士を横見するところから、誰いうとなく横見坂と名づけられたといっている。
 坂の西側一帯は、旧湯島新花町である。ここに明治30年頃、島崎藤村が住み、ここから信州小諸義塾の教師として移って行った。
 その作品『春』の中に、
 「湯島の家は俗に大根畠と称えるところに在った。・・・・・・大根畠は麹の香のする町で」とある。ローム層の台地は、麹室には最適で『文政書状』には、百数十軒の麹屋が数えられている。
設置者: 文京区教育委員会
設置日: 昭和56年3月  (「横見坂(文京区湯島)」より)]

マーカーは横見坂の坂上です。

横見坂上・カメラ南南西方向が横見坂です。

カメラ北北西方向に横見坂の標識板があります。

横見坂下・カメラ北東方向が横見坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*