石坂

[「町内(駒込西片町)より南の本郷田町に下る坂あり、石坂と呼ぶ」──『新撰東京名所図会』に、こう記されているが、坂名の由来は不明である。ただ、この坂上の台地一帯は武屋地で、旧中山道までは備後国福山藩主十一万石の中屋敷と、江戸幕府御徒組、御先手組の屋敷地であった。いずれも軽輩ではあったが、幕府の軍事組織として組み入れられ、いざ鎌倉というときには率先して戦にくわわらなければならなかった。江戸時代は俗に東片町向側と呼ばれていたが、明治5年になって駒形西片町ができ、東京大学に近い関係で学者が多く住み、学者町ともいわれた。  (「文京区の坂 | 石坂」より)]

マーカーは石坂の坂上です。

石坂上・カメラ南東方向が石坂です。

石坂下・カメラ西方向が石坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*