菊坂

[菊坂
        本郷四丁目と五丁目の間
此辺一円に菊畑有之、菊花を作り候者多居住仕候に付、同所の坂を菊坂と唱、坂上の方菊坂台町、坂下の方菊坂町と唱候由」(『御府内備考』)とあることから、坂名の由来は明確である。
 今は、本郷通りの文京センターの西横から、旧田町、西片1丁目の台地の下までの長い坂を菊坂といっている。
 また、その坂名から樋口一葉が思い出される。一葉が父の死後、母と妹の三人家族の戸主として、菊坂下通りに移り住んだのは、明治23年(1890)であった。今も一葉が使った堀抜き井戸が残っている。
   寝覚めせしよはの枕に音たてて
     なみたもよほす初時雨かな   樋口夏子(一葉)
-郷土愛をはぐくむ文化財 –
文京区教育委員会
          平成11年3月  (「菊坂 – Monumento(モニュメント)」より)]

マーカーは菊坂の坂上です。

菊坂上・カメラ西北西方向が菊坂で、カメラ方向右に菊坂通りの標識板があります。

カメラ北方向に菊坂の案内板があります。

菊坂下・カメラ南南東方向が菊坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*