薬罐坂

[【標識(文京区教育委員会設置)の説明】
江戸時代、坂の東側は松平出羽守の広い下屋敷であったが、明治維新後上地され国の所有となった。現在の筑波大学付属盲学校一帯にあたる。また、西側には広い矢場があった。当時は大名屋敷と矢場に挟まれた淋しい所であったと思われる。やかん坂のやかんとは、野カンとも射干とも書く。犬や狐のことをいう。野犬や狐の出るような淋しい坂道であったのであろう。また、薬罐のような化物が転がり出た、とのうわさから、薬罐坂と呼んだ。夜寒坂のおこりは、この地が「夜さむの里道」と、風雅な呼び方もされていたことによる。この坂を挟んで、東西に大町桂月(1869~1925、評論家、随筆家)と、窪田空穂(1877~1967、歌人、国文学者)が住んでいた。
  この道を行きつつみやる谷こえて
     蒼くけぶる護国寺の屋根    (窪田空穂)  (「文京区の坂(12) ~ 目白台方面」より)]

マーカーは薬罐坂の坂上です。

薬罐坂上・カメラ北方向が薬罐坂です。

カメラ北北東方向に薬罐坂の案内板があります。

薬罐坂下・カメラ南方向が薬罐坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*