釈迦坂

[東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅近く、地下鉄の線路を右手にして下るやや急な坂です。坂のすぐ横を丸ノ内線がダイナミックに通過します。坂下ではガード下をくぐることもできます。徳雲寺の裏を回って拓殖大学の方に通じる道にあり、お寺が密集しているエリアです。  (「文京区 釈迦坂(しゃかざか)」より)]

[【標識の説明】
春日通りから、徳雲寺の脇を茗荷谷に下る坂である。『御府内備考』によれば、「坂の高さ、およそ一丈五尺(約4m50cm)ほど、幅6尺(約1m80cm)ほど、里俗に釈迦坂と唱申候。是れ徳雲寺に釈迦の石像ありて、ここより見ゆるに因り、坂名とするなり。」
 徳雲寺は臨済宗円覚寺派で、寛永7年(1630)に開山された。『新撰江戸志』に寺伝に関する記事がある。境内に 大木の椎の木があった。元禄年間(1688~1704)五代将軍徳川綱吉が、このあたりへ御成の時、椎木寺なりと台命があった。そこで、この寺を椎木寺と呼ぶようになった。後、この椎の木は火災で焼けてしまったが、根株から芽が出て、大木に成長した。明治時代になり、その椎の木は枯れてしまった。椎木寺が椎の木を失ったことは惜しいことである。徳雲寺の境内には六角堂があり、弁財天が祀られ、近年小石川七福神の一寺となっている。  (「文京区の坂(10) ~ 小日向方面」より)]

マーカーは釈迦坂の坂上です。

釈迦坂上・カメラ南東方向が釈迦坂で、坂カーブ付近に釈迦坂の案内板があります。

カメラ南東方向に釈迦坂の案内板があります。

釈迦坂下・カメラ北方向が釈迦坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*