お茶の水坂

[この神田川の外堀工事は元和年間(1615-1626)に行われた。それ以前に、ここにあった高林寺(現向丘二丁目)の境内に湧き水があり“お茶の水”として将軍に献上したことから、「お茶の水」の地名がおこった。
 『御府内備考』によれば「御茶ノ水は聖堂の西にあり、この井名水にして御茶ノ水に召し上げられしと・・・」とある。
 この坂は神田川(仙台堀)に沿って、お茶の水の上の坂で「お茶の水坂」という。坂の下の神田川に、かって神田上水大樋(水道橋)が懸けられていたが、明治34年(1901)取りはずされた。
    お茶の水橋低きに見ゆる水のいろ
     寒む夜はふけてわれは行くなり
               島木赤彦(1876-1926)
設置者: 文京区教育委員会
設置日: 平成9年3月  (「お茶の水坂(文京区本郷)」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本郷湯島絵図」(絵図左端中央付近に水道橋、上水樋が描かれ、その下に御茶之水と記述されています。)

マーカーはお茶の水坂の坂上です。

お茶の水坂の碑 – Google Map 画像リンク

お茶の水坂上・カメラ西方向がお茶の水坂で、カメラ北方向・元町公園入口右にお茶の水坂の標識板があります。

お茶の水坂下・カメラ位置は水道橋交差点の東で、カメラ南東方向がお茶の水坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*