今井坂

[『改撰江戸志』には、「新坂は金剛寺坂の西なり、案(あんずる)に此坂は新に開けし坂なればとてかかる名あるならん、別に仔細はあらじ、或はいふ正徳の頃(1711~16)開けしと、」とある。新坂の名のおこりである。今井坂の名のおこりは、『続江戸砂子』に、「坂の上の蜂谷孫十郎殿屋敷の内に兼平桜(かねひら)(今井四郎兼平の名にちなむ)と名づけた大木があった。これにより今井坂と呼ぶようになった。」とある。この坂の上、西側一帯は、現在財務省の宿舎になっている。ここは徳川最後の将軍、徳川慶喜明治34年(1901)以後住んだところである。慶喜は自分が生まれた、小石川水戸屋敷に近い、この地を愛した。慶喜はここで、専ら趣味の生活を送り、大正2年(1913)に没した。現在、その面影を残すものは、入口に繁る大公孫樹(いちょう)のみである。
 この町に遊びくらして三年居き寺の墓やぶ深くなりたり(釈迢空
          (この町とは旧金富町をさす)   (「新坂(今井坂)」より)]

東京都立図書館 – 東都小石川繪圖」(絵図中央下・大久保長門守下屋敷右に新坂と描かれています。)

マーカーは今井坂の坂上です。

今井坂 – Google Map 画像リンク

今井坂上・カメラ南南西方向が今井坂です。カメラ西方向が徳川慶喜終焉の地です。

カメラ南南東方向に今井坂案内板があります。

今井坂下・カメラ北方向が今井坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*