団平坂

[【標識の説明】
「町内より東の方 松平播磨守御屋敷之下候坂にて、里俗団平坂と唱候 右は先年門前地之内に団平と申者 舂米商売致住居仕罷候節より唱始候由申伝 年代等相知不申候」と『御府内備考』にある。団平という米つきを商売とする人が住んでいたので、その名がついた。何かで名の知られた人だったのであろう。庶民の名の付いた坂は珍しい。この坂の一つ東側の道の途中(小石川5-11-7)に、薄幸の詩人石川啄木の終焉の地がある。北海道の放浪生活の後上京して、文京区内を移り変わって四か所目である。明治45年(1912)4月13日朝、26歳の若さで短い一生を終わった。
  椽先のまくら出させて
  ひさしぶりに、
  ゆふべの空にしたしめるかな 
        石川啄木(直筆ノート最後から2首目)  (「文京区の坂(8) ~ 小石川・春日方面」より)]

東京都立図書館 – 上水北小日向小石川辺絵図」(絵図四つ切左下・御先手組右上に松平播磨守屋敷上左にタン平サカと描かれています。)

マーカーは、団平坂の坂上です。

団平坂 – Google Map 画像リンク

団平坂上・カメラ北東方向が団平坂です。

カメラ北北西方向に団平坂の標識板があります。

団平坂下・カメラ南西方向が団平坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*