新坂

[新坂(しんざか)(権現坂・S坂)
文京区根津一丁目21と28の間
 本郷通りから、根津谷への便を考えてつくられた新しい坂のため、新坂と呼んだ。また、根津権現(根津神社の旧称)の表門に下る坂なので権現坂ともいわれる。
 森鷗外小説『青年』明治43年作)に、「純一は権現前の坂の方に向いて歩き出した。・・・右は高等学校(注・旧制第一高等学校)の外囲、左は出来たばかりの会堂(注・教会堂は今もある)で、・・・坂の上に出た。地図では知れないが、割合に幅の広い此坂はSの字をぞんざいに書いたように屈曲してついている。・・・」とある。
 旧制第一高等学校の生徒たちが、この小説『青年』を読み、好んでこの坂をS坂と呼んだ。したがってS坂の名は近くの観潮楼に住んだ森鷗外の命名である。
 根津神社現社殿の造営は宝永3年(1706)である。五代将軍徳川綱吉が、綱豊(六代将軍徳川家宣)を世継ぎとしたとき、その産土神として、団子坂北の元根津から、遷座したものである。
-郷土愛をはぐくむ文化財-
文京区教育委員会
平成14年3月  (「新坂(しんざか)(権現坂・S坂) – Monumento(モニュメント)」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本郷湯島絵図」(絵図四つ切右下に根津権現が描かれています。その左が側、小笠原信濃守(中津藩)下屋敷、水戸殿中屋敷境に造られた道が、新坂になります。)

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室) – 首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。1896~1909年地図で根津神社と第一高等学校の間に新道が描かれています。)

マーカーは新坂の坂上です。

新坂(権現坂・S坂) – Google Map 画像リンク

新坂上・カメラ東方向が新坂です。

カメラ北西方向に新坂の標識板があります。

カメラ西北西方向が根津神社鳥居です。

新坂下・カメラ西南西方向が新坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*