新坂

[ 区内にある新坂と呼ばれる六つの坂の一つ。『御府内備考』に、「映世神社々領を南西に通ずる一路あり、其窮る所、坂あり、谷に下る、新坂といふ」とある。名前は新坂だが、江戸時代にひらかれた古い坂である。
 このあたりは、もと森川町と呼ばれ、金田一京助の世話で、石川啄木が、一時移り住んだ蓋平館別荘(現太栄館)をはじめ、高等下宿が多く、二葉亭四迷尾崎紅葉徳田秋声など、文人が多く住んだ。この坂は、文人の逍遥の道でもあったと思われる。
設置者: 東京都文京区教育委員会
設置日: 昭和63年3月  (「新坂(文京区本郷)」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本郷湯島絵図」(絵図中央上に阿部伊勢守中屋敷、本多中務大輔(岡崎藩)下屋敷が描かれています。この本多中務大輔下屋敷と菊坂台町境に造られた道が新坂になると思います。)

日文研所蔵地図 – (内題)東京府武蔵国小石川区小石川表町近傍(五千分一東京図測量原図のうち)」(地図中央右端・本郷区右下、本郷台町上に描かれる道が新坂になると思います。)]

マーカーは新坂の坂上です。

新坂 – Google Map 画像リンク

新坂上・カメラ西方向が新坂です。

新坂中・カメラ東方向右電柱手前に新坂の標識板があります。

新坂下・カメラ東方向が新坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*