東富坂

[【標識(文京区教育委員会設置)の説明】
本来の「東富坂」は、この坂の南を通る地下鉄丸の内線に沿った狭い急坂である。現在は、「旧東富坂」と呼んでいる。もともとの坂は江戸時代の頃、木が生い繁り、鳶がたくさん集まってくることから「鳶坂」といい、いつの頃からか「富坂」と呼ぶようになったという。
 現在の東富坂は、本郷3丁目から伝通院まで、路面電車(市電)を通すにあたり、旧東富坂上から春日町交差点まで新しく開いたゆるやかな坂道である。この市電は、1908年(明治41年)4月11日に開通した。現在、文京区役所をはさんで反対側にある坂を、「富坂(西富坂)」と呼び区別している。  (「文京区の坂(3)~本郷方面(その1)」より)]

マーカーは東富坂の坂上です。

東富坂(真砂坂)の碑 – Google Map 画像リンク

東富坂上・カメラ北西方向が東富坂です。

カメラ北北東方向・文京区民センター自転車置き場左端に東富坂(真砂坂)の案内板があります。

東富坂下・カメラ東南東方向が東富坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*