猫又坂

[猫又坂(猫貍坂、猫股坂)
千石二丁目と三丁目の間
 不忍通りが千川谷に下る(氷川下交差点)長く広い坂である。現在の通りは大正11年(1922)頃開通したが、昔の坂は、東側の崖のふちを通り、千川にかかる猫又橋につながっていた。この今はない猫又橋にちなむ坂名である。
 また、『続江戸砂子』には次のような話がのっている。
 むかし、この辺に狸がいて、夜な夜な赤手拭をかぶって踊るという話があった。ある時、若い僧が、食事に招かれての帰り、夕暮れどき、すすきの茂る中を、白い獣が追ってくるので、すわっ、狸か、とあわてて逃げて千川にはまった。そこから、狸橋、猫貍橋、猫又橋と呼ばれるようになった。猫貍とは妖怪の一種である。     文京区教育委員会   平成11年3月
-郷土愛を育む文化財-
文京区教育委員会 平成11年3月  (「猫又坂(猫貍坂、猫股坂) – Monumento(モニュメント)」より)]

[猫又橋 親柱の袖石(そでいし)
 この坂下に もと千川(小石川とも)が流れていた。むかし,木の根っ子の股で橋をかけたので,根子股(ねこまた)橋と呼ばれた。
 江戸の古い橋で,伝説的に有名であった。このあたりに,狸がいて,夜な夜な赤手ぬぐいをかぶって踊るという話があった。ある夕暮れとき,大塚辺の道心者(どうしんもの)(少年僧)がこの橋の近くに来ると,草の茂みの中を白い獣が追ってくるので,すわ狸かと あわてて逃げて千川にはまった。それから,この橋は,猫貍橋・(猫又橋)といわれるようになった。猫貍は妖怪の一種である。
 昭和のはじめまでは,この川でどじょうを取り,ホタルを追って 稲田(千川たんぼ)に落ちたなど古老がのどかな田園風景を語っている。
 大正7年3月,この橋は立派な石を用いたコンクリート造となった。ところが千川はたびたび増水して大きな水害をおこした。それで昭和9年千川は暗渠になり道路の下を通るようになった。
 石造りの猫又橋は撤去されたが,地元の故市川虎之助氏(改修工事相談役)は その親柱と袖石を東京市と交渉して自宅に移した。
 ここにあるのは,袖石の内2基で,千川名残りの猫又橋を伝える記念すべきものである。なお,袖石に刻まれた歌は 故市川虎之助氏の作で,同氏が刻んだものである。
  騒がしき蛙(かわず)は土に埋もれぬ
      人にしあれば 如何に恨まん
郷土愛をはぐくむ 文化財
文京区教育委員会  昭和58年1月  (「猫又橋 親柱の袖石 – Monumento(モニュメント)」より)]

東京都立図書館 – 駒込巣鴨辺之絵図」(絵図四つ折り左下・池田甲斐守下屋敷下に「此下 猫股橋 子コマタサカ」と記述されています。)

マーカーは、猫又坂の坂上です。

猫又坂 – Google Map 画像リンク

猫又坂上・カメラ西南西方向が猫又坂です。

カメラ南南東方向に猫又坂の標識板があります。その右に猫又橋 親柱の袖石と、その案内板があります。

猫又坂下・カメラ東北東方向が猫又坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*