目白坂

[西方清戸(清瀬市内)から練馬経由で江戸川橋北詰にぬける道筋を「清戸道」といった。主として農作物を運ぶ清戸道は目白台地の背を通り、このあたりから音羽谷の底地へ急傾斜で下るようになる。
この坂の南面に、元和4年(1618)大和国長谷寺の能化秀算僧正再建による新長谷寺があり本尊目白不動尊と称した。そもそも三代将軍徳川家光が特に「目白」の号を授けたことに由来するとある。
坂名はこれによって名付けられた。『御府内備考』には「目白不動の脇なれば名とす」とある。
かつては江戸時代「時の鐘」の寺として寛永寺の鐘とともに庶民に親しまれた寺も、明治とともに衰微し、不動尊豊島区金乗院にまつられている。
  目白台の空を真北に渡る雁
     稀に見る雁の四・五十羽かも
                窪田空穂(1877-1967)
-郷土愛をはぐくむ文化財-
東京都文京区教育委員会
昭和63年3月  (「目白坂(めじろざか) – Monumento(モニュメント)」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 音羽絵図」(絵図下中央付近・「目白不動 別当 新長谷寺」上に目白坂が描かれています。

国際日本文化研究センター – (内題)東京府武蔵国小石川区小日向水道町近傍(五千分一東京図測量原図のうち)(明治16・1883年)」(地図四つ切左下・江戸川上に目白坂が描かれています。)

国際日本文化研究センター – (内題)東京府武蔵国北豊嶋郡高田村近傍(五千分一東京図測量原図のうち)(明治16・1883年)」(地図四つ切右下・関口台町の道が目白坂です。)

マーカーは目白坂の坂上です。

目白坂 – Google Map 画像リンク

目白坂上・カメラ南東方向が目白坂です。

カメラ北方向が正八幡神社です。

カメラ北北西方向が大泉寺山門です。

目白坂下・カメラ西南西方向が目白坂で、カメラ方向左に標識板があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*