茗荷坂

[【標識の説明】
「茗荷坂は、茗荷谷より小日向の台へのぼる坂なり云々。」と改撰江戸志にはある。これによると拓殖大学正門前から南西に上る坂をさすことになるが、今日では地下鉄茗荷谷駅方面へ上る坂をもいっている。茗荷谷をはさんでのことであるので両者とも共通して理解してよいであろう。さて、茗荷谷の地名については御府内備考に「・・・・・・むかし、この所へ多く茗荷を作りしゆえの名なり云々。」とある。自然景観と生活環境にちなんだ坂名の一つといえよう。  (「文京区の坂(10) ~ 小日向方面」より)]

東京都立図書館アーカイブ – 東都小石川絵図」(絵図中央左方向に深光寺が描かれ、その右下角から左に上る坂が茗荷坂です。)

国際日本文化研究センター – (内題)東京府武蔵国小石川区小日向水道町近傍(五千分一東京図測量原図のうち)(明治16・1883年)」(地図四つ切右上・深光寺前の谷を下る道が坂が茗荷坂です。)

マーカーは茗荷坂の坂上です。

茗荷坂 – Google Map 画像リンク

茗荷坂上・カメラ南南東方向が茗荷坂です。

茗荷坂下・カメラ北北西方向が茗荷坂で、カメラ方向右電柱向こうに標識板があります。また、その左奥が深光寺です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*