薬師坂

[「妙清寺に薬師堂有之候に付、里俗に薬師坂と相唱申候」(『御府内備考』)坂上の妙清寺に薬師堂があったので、薬師坂と名づけられた。また、坂下に浄雲院心光寺があったので、浄雲寺坂とも呼ばれた。また近くに白山神社があり、旧町名が白山前町で、白山坂ともいわれるなど、別名の多い坂の一つである。『新撰東京名所図会』には、「薬師堂は、土蔵造一間半四面。「め」の字の奉額、眼病全快者連名の横額あり」、と明治末年の姿を記している。このお薬師は特に眼病に霊験あらたかであったようである。土蔵造は、江戸の防火建築で、湯島本郷辺の町屋が土蔵塗屋づくりを命じられたのは、享保15年(1730)の大火後である。現存するものに無縁坂講安寺本堂がある。
設置者: 文京区教育委員会
設置日: 平成14年3月  (「薬師坂(文京区白山)」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本郷湯島絵図」(絵図右上角・白山権現が描かれ、その下に妙清寺が描かれています。また、白山権現上に心光寺が描かれています。)

マーカーは薬師坂の坂上です。

薬師坂上・カメラ南南西方向が薬師坂です。

カメラ西南西方向に薬師坂の案内板があります。

薬師坂下・カメラ北北東方向が薬師坂で、カメラ西北西方向が浄雲院心光寺です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*