見送り坂・見返り坂

[【標識(文京区教育委員会設置)の説明】
「むかし太田道灌の領地の境目なりしといひ伝ふ。その頃追放の者など此処より放せしと・・・・・・いずれのころにかありし、此辺にて大きなる石を堀出せり、是なんかの別れの橋なりしといひ伝へり・・・・・・太田道灌(1432~86)の頃在任など此所よりおひはなせしかは、ここよりおのがままに別るるの橋といへる儀なりや」と『改撰江戸志』にある。
 この前方の本郷通りはややへんこんでいる。むかし、加賀屋敷(現東京大学構内)から小川が流れ、菊坂の谷にそそいでいた、『新撰東京名所図会』(明治40年刊)には、「勧業場本郷館(注・現文京センター)の辺は、地層やや低く、弓形にへこみを印す、其くぼめる所、一条の小渠、上に橋を架し、別れの橋といひきとぞ」とある。
 江戸を追放された者が、この別れの橋で放たれ、南側の坂(本郷3丁目寄)で、親類縁者が涙で見送ったから見送り坂。追放された人がふりかえりながら去ったから見返り坂といわれた。
 今雑踏の本郷通りに立って500年の歴史の重みを感じる。  (「文京区の坂(4) ~ 本郷方面(その2)」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本郷湯島絵図」(絵図中央下に加賀宰相殿上屋敷が描かれています。その左上、北ノ天神真光寺右下辺りが見送り坂・見返り坂になります。)

マーカーは標識板です。

見返り坂 – Google Map 画像リンク

2019年6月の画像では、カメラ北北西方向・街路樹手前に標識板がありますが、現在は撤去されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*