鐙坂

[ 本郷台地から菊坂の狭い谷に向かって下り、先端が右にゆるく曲がっている坂である。名前の由来は、「鐙の製作者の子孫が住んでいたから」(『江戸志』)とか、その形が「鐙に似ている」ということから名付けられた(『改選江戸志』)などといわれている。
 この坂の上の西側一帯は上州高崎藩大河内家松平右京亮の中屋敷で、その跡地は右京山と呼ばれた。
設置者: 文京区教育委員会
設置日: 平成6年3月  (「鐙坂(文京区本郷)」より)]

[閑静な住宅地の中にある、片側が石垣になった急な坂道です。坂の下には銭湯(菊水湯)や床屋がある古いまち並みが残り、「昭和」のイメージを醸し出しています。坂を上りきった左手には、金田一京助春彦旧居跡があり、付近の木造家屋に独特の雰囲気が感じられます。右手の石垣の上には財務省関東財務局真砂住宅があります。  (「文京区 鐙坂(あぶみざか) 」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本郷湯島絵図」(地図中央左上に菊坂町が描かれています。菊坂町上のグリーンベルトは菊坂で、そこに松平右京亮中屋敷から下る坂が鐙坂になります。)

国際日本文化研究センター – (内題)東京府武蔵国小石川区小石川表町近傍(五千分一東京図測量原図のうち)(明治16・1883年)」(地図四つ切右下・地図右端の炭団坂左上に鐙坂と記述されています。)

マーカーは鐙坂の坂上です。

鐙坂上・カメラ北北西方向が鐙坂です。

カメラ北北東方向は「金田一京助・春彦旧居跡(本郷四丁目11-6))」で、カメラ北方向石垣そばに文京区教育委員会設置の案内板があります。

鐙坂下・カメラ南方向が鐙坂で、坂口左に鐙坂の標識板があります。(https://goo.gl/maps/bVwBwPEXUYP2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*