弁天坂・袖摺坂

弁天坂
[坂名は坂下の南蔵院境内に弁天堂があったことに由来する。明治後期の「新撰東京名所図会」には南蔵院門前にあまざけやおでんを売る屋台が立ち、人通りも多い様子が描かれている。坂上近くの横寺町四十七番地には尾崎紅葉が明治二十四年から三十六年十月病没するまで住んでいた。門弟泉鏡花小栗風葉らが玄関番として住み、のちに弟子たちは庭つづきの箪笥町に家を借り、誌星堂または紅葉塾と称した。
設置者: 東京都  (「弁天坂(新宿区)」より)]

袖摺坂
[狭い坂道でお互いに袖を摺り合わせるほどだったという。そんなことから、誰いうとなく袖摺坂というようになったという。
設置者: 東京都新宿区教育委員会
設置日: 平成三年九月  (「袖摺坂(新宿区)」より)]

マーカーは弁天坂下・袖摺坂下です。

弁天坂上・カメラ東北東方向が弁天坂です。

弁天坂下、袖摺坂下・カメラ北北西方向階段が袖摺坂で、その左に標柱があります。また、カメラ位置は弁天坂の坂下で、カメラ西南西方向が弁天坂です。

袖摺坂上・カメラ北東方向に袖摺坂の標柱があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*