切通しの坂

[小田急線参宮橋駅から、 参宮橋交差点のところで十二社通りを北西に歩き、 代々木三丁目交差点で左へ狭い道を入って行くと、 渋谷区教育委員会の「岸田劉生が描いた切通しの坂」の標識があります。 標識には、
『画家岸田劉生は、大正三年(1914)から五年(1916)にかけて代々木に住んでいたので、このあたりを描写した作品がたくさんあります。そのうちの一点に名作「切通しの写生」(重要文化財)があり、大正四年(1915)に発表しました。』
と記載されています。現在の坂からは、当時の切通しの坂は思い浮かびませんが、作品は東京国立近代美術館が公開しているホームページで観ることができす。切通しの坂の坂下から先は、また、上りになっています。  (「切通しの坂」より)]

[岸田劉生が描いた「切通しの坂」
画家岸田劉生は、大正3年(1914)から5年(1916)にかけて代々木山谷に住んでいたので、このあたりを描写した作品がたくさんあります。そのうちの一点に名作「道路と土手と塀(切通之写生)」(重要文化財)があり、この前の坂を描いたものです。
平成23年度 渋谷区教育委員会  (「岸田劉生が描いた「切通しの坂」 – Monumento(モニュメント)」より)]

マーカーは切通しの坂の坂上です。

切通しの坂上・カメラ西南西方向が切通しの坂で、カメラ方向右に標識柱があります。また、カメラ位置は立正寺前です。

カメラ南方向に切通しの坂の標柱があります。

切通しの坂下・カメラ北東方向が切通しの坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*