南郭坂

[服部南郭は、江戸時代中期の儒学者。漢詩人で幼名を勘助、のち元喬といいを子遷、書斎を芙蕖舘と称しました。この場所は、南郭の別邸があったところで、邸前にある坂道は、昔から南郭坂あるいは富士見坂と呼ばれてきました。南郭は、天和3年(1683)に京都に生まれ、16歳の時に和歌と絵画をもって江戸柳沢吉保に仕え、また、荻生徂徠の門人となって、古文辞学と詩を学びました。34歳の時、柳沢家を辞し、ここの別邸で塾を開いて在野の人となり、もっぱら漢詩文に親しみ、後継者の育成に努めました。宝暦9年(1759)没。享年77歳。 著書に「南郭文集」「大東世語」「南郭先生燈下書」などがあります。
設置者: 渋谷区教育委員会  (「南郭坂(渋谷区)」より)]

マーカーは南郭坂の坂上です。

南郭坂上・カメラ西南西方向が南郭坂です。

カメラ西方向に服部南郭別邸跡の案内板があります。

南郭坂下・カメラ東北東方向が南郭坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*