弥之助坂

[渋谷区上原1丁目40番と41番の間にあるかなり急な坂道です。坂下に小田急線線路(代々木八幡駅代々木上原駅間)があります。
 東京都渋谷区立白根記念郷土記念館『渋谷の坂』(昭和60年)には、
『上原1丁目の高台40番と41番との間から、小田急線の踏切に向かって下る坂道をいう。往古、富ヶ谷の人・池上弥之助(享保年中の人、享保元年=1716年)の所有地前であったことから名づけられた。地元の吉田国太郎氏の談によると、土地の人々は、この坂をシリモチ坂とも呼んでいたという。坂道が粘土質のため、雨が降ると通行人が滑ってころび、シリモチをつくことが多かったことから、いつとはなしに、シリモチ坂が通称となった。むかしはこの坂下に野菜などを洗う小川の水溜りがあり、坂道でころんだ人が、よくここで尻を洗っていたということである。』とあります。坂道の標識はありません。  (「渋谷区弥之助坂」より)]

マーカーは弥之助坂の坂上です。

弥之助坂上・カメラ北北東方向が弥之助坂です。

弥之助坂中

弥之助坂下・カメラ南東方向が弥之助坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*