日陰坂

[参宮橋橋交差点から首都高速沿いに東へ下り、明治神宮の北参道口にでる路線にあるのが日陰坂です。江戸時代には井伊掃部頭下屋敷明治に入り南豊島御料地となり、大正9年(1920年)明治神宮が創建された土地の北側になり、ほぼ江戸時代のルートが残る道にあり、樹木が生い茂り薄暗い日陰の坂だったようです。江戸時代には東側の明治神宮外苑には青山御焔硝蔵(火薬庫)があり、この道は市中から甲州街道へつながる裏街道になるため煙硝蔵から煙硝を運ぶ荷車がこの坂を通って甲州街道へと往復していたといいます。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 内藤新宿千駄ヶ谷絵図」(絵図四つ切左上に「井伊掃部頭下屋敷」が描かれています。敷地下の道が日陰坂になると思います。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 江戸絵図. 9号」(コマ番号4/5・井伊掃部頭下屋敷が描かれています。屋敷地の上、三枝下屋敷下の道が日陰坂にあたると思います。)

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室) 」 – 「首都圏」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。1917~1924年地図を見ると明神宮建設前の状況がわかります。明神宮建設地の北側山形の道が日陰坂と思われます。その当時の日陰坂の入り口部分は参宮橋橋交差点より南側にあったようです。北参道口当然ありません手前で北東・新宿御苑方向に折れています。

マーカーは日陰坂の坂上です。

日陰坂 – Google Map 画像リンク

津島神社前のカメラです。「津島神社 – Google Map 画像リンク

日陰坂上・カメラ北東方向が日陰坂です。

日陰坂カーブ

日陰坂下・江戸時代の終点と思われる地点

北参道口前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*