観音坂

[馬頭観世音
 恵比寿南3丁目9番7号
 このお堂に、馬頭観世音菩薩がおまつりしてあります。縁起によると、享保4(1719)年。このあたりに悪病が流行し、これを心配した与右衛門という人が馬頭観音に祈って悪病を退散させました。その御礼に石で観音をつくり、祐天寺の祐海上人に加持祈禱を願い、原(当時、このあたりを原といった)の中程に安置した、と伝えています。そして村の人は毎年二回、百万遍念佛を唱え祈願したので、その後、このあたりに悪病は流行せず、住民は幸福に暮らしたとのことです。この道は目黒麻布を経て江戸市内に入る最短の道で、急な別所坂をおりると目黒川が流れ、すぐ近くに正覚寺があります。別所坂上には、庚申塔(六基)と、歌川広重江戸名所百景に画いた「目黒新富士」などの旧跡があり、昔の主要道路であったことがわかります。渋谷区教育委員会 「標識の説明」]

マーカーは観音坂の坂上です。

観音坂上・カメラ北北東方向が観音坂です。

カメラ北北西方向に馬頭観世音があります。

観音坂下・カメラ南西方向が観音坂で、坂口左に「道しるべ」があります。その左に見える渋谷区教育委員会設置の標識によると、「中央に南無阿弥陀佛、その左側にゆうてん寺道、右側に不動尊みちと書いてある」とのこと。(「渋谷区観音坂(恵比寿) 」より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*