北条坂

[坂下近く南側に大名狭山藩北条家の下屋敷があったために、この名がついた。  (「港区公式ホームページ/北条坂」より)]

[港区西麻布三丁目と南麻布五丁目の境を西北に下る坂。北条坂の末の方は鉄砲坂と呼ぶ。昔、坂の南側に北条相模守の屋敷があった。  (横関英一著 – 「江戸の坂 – 東京の坂(全)」より)]

東京都立図書館 – 麻布広尾辺絵図(嘉永2[1849]改)」(絵図四つ切左上・南部甲斐守中屋敷右上方向、松平石見守下屋敷下に中坂が描かれています。松平石見守下屋敷左に北条相模守下屋敷が描かれ、その右の道が坂(△)で記されています。そこが北条坂になります。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 麻布絵図(嘉永四年・1851年)」(絵図四つ切右下・御先手組上に北条相模守下屋敷左が北条坂です。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [10]拾七中(嘉永元年・1848年)」(コマ番号5/5・絵図中央右端に北條相模守下屋敷が描かれ、その左の道に坂印が描かれています。そこが北条坂です。)

国際日本文化研究センター – (内題)東京府武蔵国麻布区桜田町広尾町及南豊嶋郡下渋谷村近傍(五千分一東京図測量原図のうち)(明治16・1883年)」(地図四つ切右下・麻布笄町右に笄川に下る北条坂が描かれています。)

マーカーは北条坂の坂上です。

北条坂 – Google Map 画像リンク

北条坂上・カメラ北西方向が北条坂で、カメラ方向右に標識があります。

北条坂下・カメラ東南東方向が北条坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*