安全寺坂

[安全寺坂(あんぜんじざか)は、東京都港区三田四丁目1番地と三田三丁目2番地の間の坂道である。桜田通り慶応義塾大学正門前付近から普連土学園へ上る細い坂で、頂上で左に曲がると潮見坂となり、そのまま進むと右に折れて蛇坂に続き、再び桜田通りに出る。
坂の西側に江戸時代初期に安全寺があったことから名付けられた。安全寺は寛永元年(1624年)の創建で、徳川家綱の代に元麻布3丁目へと移転し、同地に現存している。移転後坂上には寛文2年(1662年)伊皿子七軒町が起立し、また延宝8年(1680年)には長運寺が飯倉から移転している。隣の蛇坂から安珍・清姫伝説を連想して誤って「安珍坂」と呼ばれたり、「安楽寺坂」「安泉寺坂」などとも書かれたことがあった。坂下より・wikipedia-photo  (wikipedia・安全寺坂より)]

[三田3丁目2番、4丁目1番の間
 城の西に、江戸時代のはじめ安全寺があった。誤って安珍坂、安楽寺坂、安泉寺坂などと書かれたことがある。  (「港区公式ホームページ/安全寺坂」より)]

マーカーは安全寺坂の坂上です。

安全寺坂下・カメラ南方向が安全寺坂で、坂口右に標識があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*