狐坂

[港区元麻布二、三丁目境、中華人民共和国日本国大使官邸前から、ふもとのほう長玄寺前へ下る坂。昔はさびしいところで、狐が時々人を化かしたということである。(江戸伝説)  (横関英一著 – 「江戸の坂 – 東京の坂(全)」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 麻布絵図」(絵図中央左下に松平左金吾屋敷が描かれています、ここが中華人民共和国日本国大使館で、その右方向久世八十三郎付近が大使官邸と思われます、その上方向に長玄寺が描かれています。)

国際日本文化研究センター – (内題)東京府武蔵国麻布区永坂町及坂下町近傍(五千分一東京図測量原図のうち)(明治16・1883年)」(地図四つ切左下・麻布宮村町左下、本光寺上の道が狐坂になります。)

マーカーは狐坂の坂上です。

狐坂上・カメラ位置は中華人民共和国日本国大使官邸前で、カメラ東方向が狐坂です。

狐坂下・カメラ西南西方向が狐坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*