狸穴坂

[狸穴坂(まみあなざか)は、東京麻布にある長い坂である。港区麻布狸穴町麻布台2丁目の境界を、外苑東通りのロシア大使館の西脇から南に下っている。『江戸砂子』には、この坂について、「むかし此坂に雌狸(まみ)の住ける大なる穴ありとぞ」との記載がある。  (wikipedia・狸穴坂より)]
[まみとは雌ダヌキ・ムササビまたはアナグマの類で、昔その穴(まぶ)が坂下にあったという。採鉱の穴であったという説もある。  (「港区公式ホームページ/狸穴坂 」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 麻布絵図」[絵図四つ切左上・上杉弾正大弼(米沢藩上杉家)中屋敷右に狸穴坂が描かれています。]

マーカーは狸穴坂の坂上です。

狸穴坂上・カメラ南南西方向が狸穴坂で、坂右に標識が、またカメラ南南東方向がロシア大使館です。

狸穴坂下・カメラ北方向が狸穴坂で、坂左に標識があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*