芋洗坂

[芋洗坂(いもあらいざか)は、東京都港区六本木にある坂である。東京都港区六本木五、六丁目の朝日神社前の坂であり、この一帯はかつて北日ヶ窪町という地名であった。
芋洗坂は現在、六本木通り外苑東通りが交差する「六本木交差点」にある喫茶店『アマンド』の左脇に始まって、六本木駅前郵便局、朝日神社(朝日稲荷)を経て、六本木ブルーマンシアター周辺まで下る坂を指す。一方、西側の麻布税務署、麻布警察署裏(かつての材木町)に始まって現在の芋洗坂へ合流する坂は「饂飩坂(うどんざか)」と呼ばれる。古い資料には、こちらの坂こそが「芋洗い坂」であり、合流先のほうが「饂飩坂」であると記載しているものも複数存在するが、通常の認識のように六本木交差点から直接下る本坂が芋洗坂、合流してくる坂を饂飩坂と解釈するのが妥当であるとされる。饂飩坂について 『新撰東京名所図会』は、「饂飩坂は芋洗坂の中程より西へ正信寺の方へ行く坂をいふ。饂飩を鬻ぐ(ひさぐ)商店など在りしに因り名づくるか」と記している。
「芋洗坂」の名の由来については諸説ある。
1917年(大正6年)に出版された『新編江戸志』には、「芋洗坂。日ヶ窪より六本木へ上る坂。坂下稲荷社あり、麻布氷川の持也。毎年秋、近在より芋を馬にてはこび来り、稲荷宮の辺にて日毎に市あり、ゆへに名付けるかと江戸砂子に見ゆ」との記載があり、坂下の朝日稲荷の前で芋が売られていたためにこの名が付いたと紹介されている。
一方、古来「芋(いも)」と言えばあばた疱瘡痘瘡)のことも表し、「いもあらい」とは疱瘡(天然痘)に罹患した際に神仏に祈願し、お水で洗うことであった。すなわち、各所にみられる「芋洗坂」とは疱瘡神の傍の坂道であり、当地においても寛文年間や寛延年間の地図で坂沿いに見られる法典寺の弁財天が「いもあらい」の祈念が行われ、それが名称の起源であるとの解釈もされる。坂に現存する朝日稲荷は「いもあらい稲荷」ではなく、すなわち疱瘡神とは考えられていない。
名称に関連してはほかに、付近に家主の源六という者が営む芋問屋があった、坂下に芋問屋があったために芋洗坂となったなどの記載もある。  (wikipedia・芋洗坂より)]

[六本木5丁目、6丁目の間
正しくは麻布警察署裏へ上る道をいったが、六本木交差点への道が明治以降にできて、こちらをいう人が多くなった。芋問屋があったからという。  (「港区公式ホームページ/芋洗坂 」より)]

芋洗坂と饂飩坂の位置 – 東京さまよい記 – Goo ブログ

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 麻布絵図」(絵図四つ切左下・緑色の明地下に芋洗坂が描かれています。)

国際日本文化研究センター – (内題)東京府武蔵国麻布区市兵衛町近傍(五千分一東京図測量原図のうち)(明治16・1883年)」(地図四つ切左下・教善寺右の道が芋洗坂(現在は饂飩坂)で、法典寺右上で饂飩坂が分岐していると思います。この地図では正信寺右に細道がありますが、道路表示にはなっていない、ここに後に道がつくられ、法典寺右の道と接続し、現在の芋洗坂になったのではないかと思います。その結果、芋洗坂と饂飩坂はクロス交差をしている?)

マーカーは芋洗坂の坂上です。

芋洗坂 – Google Map 画像リンク」「芋洗坂2 – Google Map 画像リンク

芋洗坂上・カメラ南南東方向が芋洗坂で、カメラ方向左に標柱があります。

芋洗坂下・カメラ北方向が芋洗坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*