どぜむ坂

[目黒通り環状七号線通りの交差する、柿の木坂陸橋地点から北東に目黒通りを下っている坂です。 面白い呼び名の坂名について、 標識には
『坂名の”どぜむ”は堂前(どうぜん)の意味で、昔このあたりの道端にお堂があったことから”どぜむ坂”と呼ぶようになったといわれる。
また、 この土地の”土左衛門”なる人がひらいた坂なので”どざえもん坂”、 それがなまって、 ”どぜも坂” ”どぜむ坂”と呼ばれるようになったともいわれている。』  
と記載されています。
坂上の柿の木坂陸橋の地点で、同じ目黒通りの「柿の木坂」と対しています。  (「どぜむ坂」より)]

「どぜむ坂
坂名の”どぜむ”は堂前(どうぜん)の意味で、昔このあたりの道端にお堂があったことから”どぜむ坂”と呼ぶようになったいわれる。
また、この土地の”土左衛門”なる人がひらいた坂なので、”どざえもん坂”と呼ばれるようになったともいわれている。  (「どぜむ坂 – Monumento(モニュメント)」より)]

どぜむ坂(碑文谷): ぼのぼのぶろぐ

国立公文書館デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図」(江戸御場絵図表示は南北逆になっていますので、反転表示すると見やすくなります。反転表示した絵図四つ切右下、衾右上、馬込領、世田谷領境界に柿木坂が描かれています、その道の馬込領方向がどぜむ坂になります。)

マーカーはどぜむ坂の坂上です。

どぜむ坂上・カメラ北東方向がどぜむ坂です。

カメラ南南東方向にどぜむ坂の標識があります。

どぜむ坂下・カメラ西南西方向がどぜむ坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*