寺郷の坂

[茶屋坂と言えば、民話「目黒のさんま」に登場する爺々が茶屋(一軒茶屋)にまつわる三田二丁目の茶屋坂が有名だが、実は区内には、もうひとつ茶屋坂がある。平町二丁目と大岡山一丁目の間を西へ下る鉄飛坂に続く道で、中根小学校前を旧名主岡田邸のほうへ上る緩い坂がそれである。
江戸時代の初め、天和のころ、衾村の寺郷(てらごう)(茶屋坂上り口の右手一帯の地名)に、奥沢の浄真寺(九品仏)参りの人びとを当て込んだ4軒の水茶屋があった。当時の浄真寺へは、江戸だけでなく、方々からの参詣遊山の人びとが、この衾の茶屋の前を通って、九品仏へ向かったという。茶屋が一休みするのに格好な場所にあったことは、岡田邸裏手の中根公園の森がしのばせてくれる。  (「寺郷の坂 目黒区」より)]

[鉄飛坂を下った呑川緑道の中里橋地点から中根小学校の前、中根2丁目と緑が丘1丁目の間を西に緩やかに上っている坂です。 坂道に標識はありません。坂名については、坂のあるところが江戸時代の目黒六カ村のひとつ衾村(ふすまむら)の字名寺郷であったことに由来します。坂を上る途中の右側に、この辺りの旧名主の岡田邸の長屋門が現存しています。 門前にある説明では、昔この辺りは「岡田の森」と呼ばれ、森のすそを流れる呑川には水車もあったとのことです。 岡田家は代々名主を務めた旧家で、母屋や長屋門は江戸時代に造られたそうです。岡田邸の長屋門の裏手には中根公園があります。また、坂は江戸時代初め頃、付近に茶屋があったことから 衾の茶屋坂とも呼ばれるそうです。  (「寺郷の坂」より)] 

マーカーは寺郷の坂の坂上です。

寺郷の坂上・カメラ東方向が寺郷の坂です。

カメラ北方向が岡田家(長屋門)です。

寺郷の坂下・カメラ西南西方向が寺郷の坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*